座長・演者の皆様へ
座長の先生方へ

担当セッションの開始15 分前までに、各会場の次座長席にお越しください。
なお、発表時間および討論時間を厳守いただけますようお願いいたします。


口演発表の方へ

(1)発表形式
口演はPC 発表のみとします。プロジェクターは1台のみ使用可能です。


(2)PC の仕様
事務局で用意するPCの仕様は下記となります。

  • OS:Windows10
  • アプリケーション:Microsoft PowerPoint 2016
  • Windows Vista で作成されたPowerPoint およびMacintosh には対応しておりません。
    Windows Vista で作成されたPowerPoint およびMacintosh をご利用になる場合は、ご自身のPC・アダプターをご持参ください。 ※ お忘れになった場合、事務局では一切対応できませんのでご了承ください。
    プロジェクター環境を安定させるため、Macintoshで作製された方は可能な限りWindowsへの変換をお願いします。
  • Windows にて動画をご使用になる場合は念のために必ずご自身のPC・アダプターをご持参ください。挿入ビデオの容量は画像劣化のない程度に圧縮してください。容量が多くなると、動作が遅くなる可能性があります。
  • 発表データは、必ずUSB フラッシュメモリーでご持参ください。CD やMO などのメディアは受付できませんのでご注意ください。

(3)発表データ作成要領

  • 一般演題発表時間:発表 7 分、討論 3 分となります。時間厳守でお願いいたします。
  • 使用フォント:下記のフォントを推奨します。
    基本的にはTrue Type フォントを使用してください。日本語表記:MS ゴシック、MS P ゴシック、MS 明朝、MS P 明朝、平成明朝
  • 英語表記:Arial、Century Gothic、Century、Times New Roman
  • 画面サイズ:XGA(4:3 1024×768)サイズで作製ください。ワイドサイズで作成した場合、画面が小さくなる、あるいは改行が異なるなどの不具合の出る可能性がありますことを、予めご容赦ください。
  • 音声使用:PC 持参も含めて設備上一切対応しておりません。

(4)発表データ受付

  • 発表の60 分前には、必ずPC 受付にてデータの提出および出力確認をしてください。
  • データは、学会が用意するサーバに一旦コピーいたしますが、ご発表後は責任を持って消去いたします。
  • PC を持参される場合には、PC受付で試写・動作確認をお済ませの上、発表の20分前になりましたらPC を次演者席近くのPC オペレーター席へお持ちください。

(5)発表データ受付ならびに操作方法

  • 演台上にはモニター、マウスが用意してありますので、操作は演者自身でお願いします。
  • USB フラッシュメモリーはバックアップとして発表時にはご携帯ください。
  • 多画面、座長席モニターとなりますので、レーザーポインターは準備いたしません。マウスでの操作をお願いいたします。
  • 外部映像出力端子(ミニD- sub15 ピン[メス])付のパソコンをご用意ください。
  • ポートリプリケーター(映像出力端子アダプター)が必要な機種(例:MacBook, SONY VAIOなど)は忘れずにお持ちください。
    ※注意:MacBookは映像出力端子アダプター(Mini-DVI からミニD-sub15 ピン[メス])の変換が付属しておりません。オプション品として購入の必要があります。
  • 省電力設定、パスワード設定は予め解除してください。
  • 動画使用時にミラーリングができない場合はプロジェクターのみの出力になります。
  • 発表者ツールはご使用になれません。
  • バッテリー切れを防ぐためにAC 電源アダプターをご用意ください。

論文集への投稿

1)表論文(掲載用論文)は後日、印刷した原稿とともにCD-RまたはUSB フラッシュメモリーを第24回日本HDF研究会学術集会・総会 運営事務局に宅配・郵送にてご提出下さい。
掲載漏れなど防ぐために、会期当日ならびに事務局以外(東京医学社)では一切受付致しません。
郵送物(原稿とCD-RまたはUSB電子媒体)に不足がある場合はメールにて連絡致します。
再提出なければ受理できません。


2)投稿様式は「腎と透析」(東京医学社)の投稿規定に準じますが、掲載ページ数等については編集委員会の決定により下記と致します。
投稿は刷り上げ2ページ以内(2500字以内)を厳守して下さい。図表1枚につき400字減と致します。
また規定ページを超過する場合には、採択を見送らせていただきます。主要演題については大会長の判断で増減を認めることもあります。
付記)引用文献については著者を1名とし、その他の著者は「他」「et al」と省略して下さい。
投稿者は、会員(正会員、施設会員)に限らせていただきます。
その他は、「腎と透析」投稿規定を参考にして下さい。
http://tokyo-igakusha.co.jp/img/jin.pdf


3)編集委員会での決定のうえ、修正、非採択となることもあります。


4)提出期限は2019年01月31日(木) 消印厳守と致します。
それ以上の延長は一切認められませんのでご了承下さい。


5)学会開催後に事務局より再度発表者様に上記内容「会誌「腎と透析別冊」への投稿について」をメールにてご案内致しますので、ご確認下さい。


6)期限までに提出がない発表者様に対しては事務局より確認のメールを送信致します。
ただし、確認のみのご案内であり、提出期限の延長などは一切認められません。


7)受理致しました掲載用論文は発表者様へのメール通知を行った後、事務局より東京医学社へお渡しし、校正など取扱いについての責任を譲渡致します。


8)腎と透析別冊用原稿の送付先は下記までお願い致します。
 <送付先>
 第24回日本HDF研究会学術集会・総会 運営事務局
 ちたクリエイティブ株式会社
 〒456-0055 名古屋市熱田区南一番町6-23-1
 E-mail:convention@24hdf.jp

page top